大学概要 本学の教育

教育研究上の目的 -学問の本質的探究と自覚的認識-

恩愛和敬・美風継承

本学の建学精神のもとに、我が先哲の学問を仰いで日本文化の叡智と美風とを承け、これを成す恩愛禮義・清明和敬・重厚中正・祖風繼承の学問を深め、美風を大切にしては、身近かな父祖の恩愛を感受して祖先を尊敬し、自からも直接に之を承けて品格と教養が高く、情誼豊かな人材を育成します。

学問の深奥を探求

本学は、学の源泉と在るべき法の本質とをしっかりとつかみ、一般の表面現象に惑わず学問の深奥探究に留意し、「学問を重んじ而も深く考える」ことを教育の目的とします。それゆえ実務界の要望に応じて各種の国家及び実務試験に対する準備に当っても、極端に走って学問の叡智を失い倫理を忘れて、法文の文言解釈万能に陥らないよう、特に留意します。

情誼と勇気の自覚

学問によって己を充実し向上させようと願う本学の教育は、「己」と同時に存在する「人」人々に対して、自他に敬み、日々に省み、まごころを盡して自らを豊かにします。
それは、人としての道を尊び目先の欲望や名利の衝動により終始する動物存在には陥らず、人としてつねに反省し、叡智による情誼を重んじ、正道を歩む真の勇氣を体得します。たとえば冷酷な功利の波濤が侵すことあろうと、重厚な情誼と真勇とによって中正の道を歩みます。

慈愛と祈念に答応

まこと、暖かい感受性ある本学生は、父母、師上、兄姉を深く尊敬信頼し、弟妹や友、隣人には信愛の情によって接します。父への尊敬に徹し、わが家を貫く美しい和敬の精神を承けつぎ、父祖の無限の慈愛と祈念に日々に報いようと、まごころ豊かに努力します。こうして本学は、永く深い父祖の歴史の体験と学問の重層的な経験とにもとづき発展し形成された、日本文化の叡智と美風とを継承し、学問の探究と人柄の充実に努めます。更にこれを維持し顕現する途を深く考え究めて、久遠の祖先から父祖代々が、我々子孫へ限りなく注がれている深い慈愛の祈念と業績とに、学問と教育から答応しようとするものです。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

法学部では、本学の建学の精神を身につけ、所定の単位を修得した学生に、学士(法学)の学位を授与します。
学士の学位は将来において、さまざまな職務を希望するとき、たとえそれが専門の法政関係でなくとも、それぞれの分野に必要な基本的法政理念と関係法の理解ができる学生、そしてさらに、各級指導者として、豊かな文化教養と理性的判断力と大局把握の建設的能力のある学生、そして、父祖以来の文化の叡智と成果とを受け継ぎ、将来にわたって永続する調和と努力の途を求めようとする優れた自覚ある学生に授与されます。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

本学は、学の源泉と在るべき法の本質とをしっかりとつかみ、一般の表面現象に惑わず学問の深奥探究に留意し、「学問を重んじ而も深く考える」ことを教育の要点とします。それゆえ実務界の要望に応じて各種の国家及び実務試験に対する準備に当っても、極端に走って学問の叡智を失い倫理を忘れて、法文の文言解釈万能に陥らないよう、特に留意します。
従って、ここに基礎をおく関係学の履修を重んじ、教科編成や履修課程も考慮し、きめ細かい演習制度によっても、この重要な根底に力を注ぎます。

特集コンテンツ

ミライLINK

学校紹介

  • ニチブンLIFE
  • 就職情報
  • 女子の皆さんご注目!