HISTORY沿革

600年間に及ぶ
伝統と実績を受け継ぐ
「日本文化大學」

日本文化大學の起源は、室町時代に草創された有職故実(現代の歴史学・政治学・法学に相当する分野)の学塾「柏樹書院」にあります。その第22代当主であった蜷川式胤(にながわ・のりたね)先生は明治初期、日本の多くの法律の草案作成に貢献するとともに、外国文明の啓蒙と日本文化の世界への発信・紹介に尽くしました。第二次大戦後、第24代当主・蜷川親繼(にながわ・ちかつぐ)先生は、日本の伝統や文化が滅んでしまうことを危惧し、国家や各界の指導者たるべき人材育成を目指して、柏樹書院の伝統と実績を模範とした「手作り教育・徹底した少人数教育」による大学=日本文化大學の開学を決意したのです。

沿革

1976年
1号館、2号館落成
1978年
日本文化大學法学部認可・開学
1979年
剣道場、弓道場落成
1981年
3号館落成
1985年
食堂棟、庭園完成
1987年
体育館落成
1989年
運動場整備、全天候型テニスコート増設
1992年
4号館、AVホール竣工
1993年
柏樹記念館(5号館)、蜷川会館(新学生食堂)落成、新弓道場改築
1999年
総合グラウンド完成
2002年
サークルスクエア、遊歩道完成
2007年
法学研究室、ティーラウンジ、パウダールーム(新設)
2008年
2号館改修、模擬法廷新設、柔道場整備
2010年
新サークルスクエア(体育館)落成 / 第2柔道場整備
2011年
メディアセンター(新図書館、新コンピュータールーム、新学生支援室など)落成
2014年
和敬の道完成
2016年
新サークルスクエア(グラウンド、テニスコート)人工芝敷設・夜間照明設置
2017年
立志館(新柔道場)落成 / 楽工舎落成
2019年
新2号館 落成予定

お電話でのお問い合わせ

TEL042-636-5211

WEBフォームからの
お問い合わせ

TOP