NICHIBUN SPIRIT建学精神

日本の伝統や文化に基づく
心を21世紀に活かします

創学者・蜷川親繼(にながわ ちかつぐ)先生は建学精神の中で、「これからの日本を支えていく青年は、法の知識のみならず温かい人格をも兼ね備えなくてはいけない」と説かれ、本学における人格教育の指針として次の四条目を挙げられています。

教育理念を象徴する"四条目"

恩愛禮義おんあいれいぎ

父母の慈愛や人々のまごころの恩を温かく受けとめて礼と義とを尊ぶ。

清明和敬せいめいわけい

清く明るくさわやかな心を養い、和と敬の心を保つ。

重厚中正じゅうこうちゅうせい

重みと厚みのある学問を修め、正しい道を明らかにする。

祖風繼承そふうけいしょう

祖先から受け継いだ文化伝統を守り、さらに発展をはかる。

大学の目的

「本学は、我が国祖先以来の歴史と伝統に基づく日本文化の根源を尊び、祖先を敬い、国典を考究し、日本民族の美風と叡智を継承し、我が国先哲を仰いで学と道を学び、文化の進展に貢献し、重厚中正かつ誠実な国民を育成する建学精神により、教育と学問の探究を行うことを目的とする。」(日本文化大學学則第1条)

法学部の目的

「法学部は、建学精神を基礎として法律学及びその関連諸分野の教育及び研究を行い、法的思考力豊かで次代の国家を背負う指導的人材を育成し、併せて研究成果を通じて社会の発展に寄与することを目的とする。」(日本文化大學学則第2条第2項)

お電話でのお問い合わせ

TEL042-636-5211

WEBフォームからの
お問い合わせ

TOP