LIBERAL ARTS基礎教育

未来への夢を描きながら、
知識や教養、
そして、豊かな人間性を身につけます。

ニチブンで学ぶ4年間のスタートです。
法律を学ぶことはもちろん、「建学精神」に基づく深い人間性を身につけながら、
一人の人間として成長し、未来の可能性を広げていく教育を実践していきます。
1年次は、2年次以降の学びのための土台をつくる大切な1年間。将来の夢を叶えるために、確かな力を自分のものにしましょう。

1年次のカリキュラム

4年後の就職に向けて、人間的な成長へ向けて、確かな一歩

言語表現、非言語分野、歴史、地理、外国語、基礎社会科学、スポーツなど、多彩な基礎教育を展開。幅広い知見と同時に、将来の就職試験に直結する基礎学力を身につけます。
必修科目である「法学」は、法の分類や起源など法律全般の基礎を身につけ、「憲法I」や「民法I」ではそれぞれ人権や総則から学びます。
これらは2年次以降に始まる専門教育の基礎となります。警察官や公務員などを志望する数多くの学生が学ぶニチブンでは、法律に携わるための豊かな感受性を養う「日本文化史」などの科目も取り入れています。
4年後の就職に向け、人間的な成長へ向け、確かな第一歩を踏み出す1年間です。

基礎ゼミ I

次のステップへ向かう基礎を学ぶ。

入学したばかりの学生にとって、担任の教員との最初の接点になるのが、「基礎ゼミI」です。教員や仲間とコミュニケーションを取りながら、大学で学ぶことの意義を自覚していく時間です。「基礎ゼミI」では、大学生としての基礎的な教養を身につけるために、自ら学ぶ姿勢を確立するのが目標です。ここで学んだことを今後の大学生活に活かし、自分のキャリアプランの実現をめざしていきます。

日本文化史

日本文化を継承する茶道を学びながら、人への気配りや会話の大切さを再認識する。

「法の前に人がある」と説く、ニチブンの建学精神に基づいた科目です。日本の歴史や文化を学びながら、人間的にも成長できる時間。日本文化を継承した茶儀が行われ、知らず知らずの内に日本の伝統美や先人たちの知恵を身につけることができます。お茶の点て方や歩き方、所作を通じ、人への心配りや会話の大切さを実感していくことでしょう。1週間に1度、茶室でお茶とお菓子をいただくことは、学生たちにとっても心休まるひとときになっています。

少年非行論

少年非行の背景及び原因を学び、そして非行防止の対策を考える。

少年非行は、各国が抱える共通の、そして重要な問題です。その理由は、どの国にあっても少年が未来の社会を支えていく財産にほかならないからです。少年非行論では、非行の背景や原因、そして少年の健全育成と社会復帰に向けた取組みを学ぶほか、少年事件の処理手続、被害者の権利や心情等についても理解を深めることとしています。知識と視野を広げながら自己の意見を形成していくという点でも、将来警察官や公務員などを志望する学生にとっては、必ず役に立つ科目です。

お電話でのお問い合わせ

TEL042-636-5211

WEBフォームからの
お問い合わせ

TOP